頭がおかしいのはどっち?

昨年からのこと。 
長男は鬱ぎみになって昨年1月に旦那の会社辞めたい→揉める→長男宛のない家出→私が探し戻す。 になり、メンタルクリックに。 その時、夫はメンタルクリックを信用していないため同行。 本人前にして、医師に 演技と言うことはないですか?と言う。医師から否定されるも信用せず。 

その後、私と二人の時に、私があのままだったらのたれじんでたかもねと言うと、その方がまだ、、、と言う。 その後、会社の人が大丈夫ですか?俺は弟が同じ感じになって自殺したから心配でというと うちは3人いるから一人くらい、、みたいなことを発したらしい。 

それでも長男はメンタルが少し復活したので、会社の人に申し訳けないからと復活。その際には、月曜日は医者に通う。9時には上がるのでお願いしたいというとそれで良い、と。 それが昨年の10月。 
今年に入り、月曜日に医者に通うのを疑うようになり、しかも月曜日も営業に回ることに。5時過ぎに帰社し、それから医者に通うようにしても、いつまで通うんだ、と言い、私や社員さんには仮病と言うようになる。 
どんどん、体調が悪化するようになり暑くなってからは、ガソリン代が少しでもかかると、燃料がかかりすぎる!と怒鳴られるのでエアコンつけてなかったらしい・・・。吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、左半身の痺れ、心痛が起こるように。 

で、今週の火曜日、私は空手に出ていたが、帰宅してしばらくすると、夫が「あいつ(長男)は帰ってないのか?薬階に行ってきていいですかっていうからいいよつったんだけど、、どうせ遊んでるんだろ。上がらせてくださいって言えばいいのに」というので私はイヤな予感がし、(それが夜22時過ぎくらい)長男にライン。 
吐き気が止まらない。というので夫に「ちょっと動けなくなっているようなので車で迎えに行くから車貸して」というと、面白くなさそうににらみながら「どこに?」というので近所の駅近辺を言う。迎えに行くと、はぁはぁという息もしているので、これは救急に連れてくべきだと私は判断。一度帰宅して「救急に連れていくから」とだけ伝える 

面白くなさそうにまたにらみながら「あぁ」という返事。その時点で怒り沸騰だが、まずは長男なので、救急外来を探すもどこもいっぱいで、電話で問い合わせをした病院から、その症状だと脳に何らかの異常があるかもしれないし、男性用のベッドが申し訳けないけど今開いてない。脳神経外科に明日にでもかかったほうがいいです!と 

1時くらいに帰宅しても何も言わない夫。長男は顔を合わせると吐き気と心痛が襲うため、顔を合わせずに部屋に行かせ、私は夫に「これこれこういう症状だと、脳神経外科に行ってくださいって言われたので明日行かせます」とだけ伝えた。夫はにらみながら「ふーん」みたいな何とも言えない表情。だがそこに心配はない。 

で、私は怒り沸騰していたが、それでもそんな時間でも夕飯は出した。夫に。 
でも私の中では、1か月前のネット回線事件以来、もうこいつに心は許さないと思い、笑顔もほとんど見せず私から口を利くのはやめていたので 
夕飯を出すだけ出して寝た。 

翌朝、病院に行かせるので休ませます。と話し 
午後病院に。脳神経外科に行ったところ 
医師から 脳に異常はないが血管が縮んでいるので、症状としてそのような症状が出る。これは心筋梗塞になりかかりの症状で若い人だと突然死してしまうこともあるから 
仕事はしばらく休んで、ストレスの原因となるお父さんと顔を合わさないようにするしかないです。と言われました。 

長男も夫が起きていようが寝ていようが、同じ家にいるだけで、もう心臓が痛くなるという。ま、、、私もなんだけど。 

医者から帰宅すると夫は家に。まぁ常に家にいるけど。 
医者から帰りました。というと、「あぁ」と。それ以降何も聞いてこないので 
心筋梗塞になりかかってるらしいと伝えたら「で?」という答えが返ってきた。 
「で?って何????」という脳内の声がそのまま出ました、私。 
心筋梗塞になりかかっているから突然死もある得るらしいよ、と伝えたら 


「だから車で行けって言ったのに。」 
「仕事はやめるようだな」 

の2つだけでした。 

もうこれ以上、この人と会話をするのは無駄だ、と私は思いました。 

そのまま黙り込み、夫は社員の人たちが営業から帰社すると電話がかかってきて、事務所に行くのですが、社員さん達2人が帰社したのは1人は9時、1人は11時です。 
そこから電話がかかってきて、隣に行ったのですが、夫は社員の人たちに、 
嫁が怒ってるが俺は車で行けってあいつに言った! 
何を怒ってるのかわけがわからない! 
と愚痴っていたそうです。 

そして昨日、木曜日。朝、無理して長男は会社に行こうとしましたが、社員の人に外で会って止められました。 
「死んじゃうからまじで!やすめ!親父に無視されても休め!」と怒られ 
家に戻る。夫は起きていたので「今日も休ませます」と言ったら 
「入院するんだろ?」とにらみながらいうのです。 

ここで私一度切れました。 
「いや、なりかかりだから安静って言われたんだけど。 
ていうか、普通、心配しない?大丈夫なのか?とか聞かない?」と切れました。 

その返事は 
「だから俺は気を使って車で行けって要ったろ!!!!!」 

あり得ない、、、保身かよ・・・。 

私「いやいや、それ以前から体調壊してたでしょ!それを仮病仮病っていうから、車で行くよりバイクのほうが早いからバイクで行ったんじゃん!そしたら早く戻れるじゃん!雨の中車で行ったら心筋梗塞にならない バイクで行ったらなるとかありえないでしょ!」 
夫「俺は気を使った!お前ら頭がおかしい!」 
私「どっちがだ!世界中の誰に聞いてもあんたが頭おかしいわ!」 
夫「俺がなにしたっていうんだ!!!!!」 
私「何もしてないよ!気に入らないことがあると睨む!恫喝する!無視する!それだけじゃん!そういうのなんていうか知ってる?モラハラっていうんだ!」 
夫「何言ってんのかわけわからねーよ!気に入らないなら勝手にしろ!」 
私「もう無理!出てく!」 
夫「勝手にしろ出てくなら出てけ!」 
私「勝手にするよ!出ていくよ!あたしあなたからされたこと忘れてないからね!!!」 

これが昨日の朝10時過ぎのことです。 

 

それから私は、役所に行き、実家に相談し 
不動産の手配(決まれば日程次第で、出ていく支度し、いられない状況にまで追い込まれたら漫画喫茶やホテルを考えています) 

不動産はいくつか物件は見つけたので、日曜日に行き、すぐに審査してもらう予定。 


夫は昼間寝ていたようなので事務所に行き、私の源泉徴収票を作り、会社の役員に私はなっているので、謄本を持ち出し。 

そして、また夜夫は会社に行き、社員さんにぐちぐち言っていたようです。 

今朝聞いたところによると、 
俺は悪いことしてないって終始言ってましたよ、車で行けって言ったとか 
また家出るとか言ってるけど、どうせ戻ってくんだろ メンドクサイからもういいんだけどという虚勢張ってましたよ 
と。 

ちなみに、私は週に1,2回夫に外食に連れていかれるんですが、私は、ついていかないとまた不機嫌モードが面倒だからついていっていただけです。 
それを社員さんたちには 
「不機嫌ぽいからまた餌与えておくかー」と言っていたそうです。 

そしてこの1か月ロクに会話してないことも 
「何が気に入らないのかわからない」と言っていたそうです。 

うちの会社は給料は月末締めの翌10日払いですが、夫はきっと今月、長男の給与は払わないつもりでしょう。 
ローンなどあることも知っているのに、何かあるとそのような経済制裁を平気で行います。 
払わなかったら出たあとで労働基準監督署に電話を入れますが。 

物件が見つかり、入居開始まではおそらくあと1週間は短くてもかかるかな、、、と。 
長男だけそれまでお友達のところに移動させるのも手だなと、お友達から意見され、そうだなと思いました。 

25年もモラハラされていると、慣れちゃうんですね・・・。

部屋の片づけだけ(というか必要なものだけでも)まとめさせておこうと思います。 

〇〇してやったじゃないか 〇〇してやってるだろ という口癖

昔、まだ子供たちが中学生くらいだったころ。

 

どのような話の発端からか覚えていないけれど、

「あいつらは、学校行かせてやってるのに、云々」言い始めた。

 

常々「何々してやってる」という言葉が口癖だったのだけど

学校に行かせてやってる はちょっと違うんじゃないか。と思い

もちろん勉強する意思は大切だけど、義務教育なんだし行かせてやってるって

少し違うんじゃないの?

大体、私はそんなこと親から言われたことがないよ。

 

ということを言った。

 

俺はそう言われて育ったんだ。と言っていた。

 

まあ、確かにそういう義母さんでした。

でも自分が言われてイヤだったら、自分は人に言わなきゃいいんじゃないの?

と思うのですが、彼はそれはそれで別なんです。

 

 

だから、買ってやった も口癖。

 

恩着せがましいという言葉が当てはまるのだけど、

やたらと筋とか義理とかそういう言葉だけは大好きで

筋が通らないことは とか 義理が とかいう。

 

なので、私や子供たち、社員の人が ほしくもないものをもらって

当然「ありがとう」は言うけれど

あげたこととか非常によく覚えているので

何か気に入らないことがあると それを持ち出してくる。

非常にこれがタチが悪い。

 

あげるよ と言われたものを「いらない」とは言えないから

ほとんどの人は「ありがとう」と受け取るのが礼儀。

その礼儀ということを知っているのか知らないのか

何かあると「あの時 何々してやったじゃないか」と言い出す始末の悪さ。

 

さらに、人が何か自分で買ってくると、必ず批判する。

決して「いいじゃん」とは言わない。

これは会話もそうだけれども 必ず否定から入る。

 

さらに面倒なことは 自分がハマっているものを人にも押し付けるというところ。

誰もが興味・趣味が違うのに、無理やりその趣味を人に押し付ける上に

いや~、、、それは、、、とやんわり断ろうとすると

せっかく声かけてやったのに とか

どうせ自分で選んでも お前が選んだものは趣味が悪い

 

などと言い出す。

 

ので、誰も何か新しいものを購入しても見せたいとも思わないし

進んで会話もしなくなる。

 

基本「自分が一番偉い」「自分が一番趣味が良い」「自分が一番センスがいい」という変な自信がある。

 

そこを否定するわけではないけど、私は・・・とかいうものなら、

ものすごい勢いで否定し始め、挙句には「まだまだ知識が浅いな」などと言われるため、会話も楽しめない。

 

 

なぜ 人を否定するのだろう。

なぜ 人格否定までするのだろう。

 

そこにあなたにとってどんなメリットがあると思っているのだろう。

 

 

わー、まずいまずい 気持ちが落ちると記録つけられませんね

以前も記録付けていたのですが、(手書きで)自分がいや~な人間になった気がして

記録しては廃棄を繰り返していました。

 

今はいや~な人間になることはないのですが、気持ちそのものが落ちてくると、何をするのも面倒になりますね。

 

現状、食べるのが面倒になってきているため、体重激減してるっぽいです。

昔の不倫事件以来だわ、、、ここまで食べられないの。

 

 

そんなにいやなら家を出ればいい。わかってるんですよ。

先立つものがないんですもの。

 

私がこの状態になったのは2週間くらい前で、それまではなんとか機嫌を損ねないように会話にもきちんと相槌をうち、話しかけってやってたんです。

 

が、それがもうできない。本当にできなくなるんだーって自分でも目からうろこ。

 

なんだかんだ言いながら会話をしていた時は我慢ができていたのでしょう。

 

確かに四六時中、文句言い腐っている人ではないし。

 

ただ、笑顔で返答することが、どうしてもできない。

 

話しかけられたら返答はできるけど、そこにジョークを交えたり、日常的な会話をすることができなくなってしまった。

 

家人もなんか感じてるみたいだが、言ってこないので、そのままにしている。

 

 

 

私が稼いだお金は、息子たち3人の塾代、学校までの交通費、制服代、教科書代などに消えました。

もう卒業しているので何年もたっていますが、ちょうど、それくらいから、ネットでの稼ぎ方を変更したこともあり、介護していたこともあり

やっとまた軌道に乗り始めたかな?という感じのところで、まさにこれからいくらかでも最低限貯めなくてはならない状況です。

 

とはいえ、食費を出して、家の雑費を出してとしているので、なかなか簡単にはいきませんが・・・。

 

 

ポロポロと思いだしたことを箇条書きにしていってみます。

思い出したことを、またここで詳細書く予定。

 

・工場勤めなんて底辺

・のたれ死んでくれてたほうがまだよかった

・3人いるんだから1人いなくなっても

・バカな学校だと遠くて大変だな

・俺の金でつないでる、ただ乗りしといて文句言うな

 

生活費はもらっていません

月々、3年ほど前までは「食費・雑費」という名目で8万渡されていました。

 

家人は会社経営者で私は雑務担当ですが、帳簿上では私も扶養枠内で給与が出されています。

が、家人の口座にそのまま入ります。

 

さすがに、義母と同居を開始して6人家族となったときには、食費が足りないといったことがあります。

 

が、返答はこうでした。

 

「私の周りの人に聞いても8万は少ないよって言われるんだけど、少し増やしてもらえないか」と聞いたところ

 

「お前の周りはみんな戸建てに住んでるんだろ?」(我が家もですけど)

「みんなだから金があるから 8万でも少ないっていうんだ」

 

と言いながらネットで6人家族の月々の食費平均額を調べ始めました。

 

「わかりました」としか私は答えられませんから、引き下がりました。

が、私はネットでどうにか稼ぐことはできないかと道を探し始めたのです。

 

パートに出たい、と話した時も「自営業の嫁さんが外に働きだしたら、会社が危ないと思われるだろうが」

「子供が小さいうちに働きだしたら、なんだかんだで休むことが増えるだろ。

そんな仕事に対して無責任なことを自分の嫁にさせたくない」

 

ということも言われたのです。

 

 

そして3年ほど前。子供たちが一応は全員働くようになり、普通は、家にお金を入れなさいよ、と親御さんは言うでしょう。

そしてそのお金は貯めておくものではないでしょうか。

 

しかし違うのです。

 

「1人3万円払えば家においてやるから、母さんに払いなさい」

 

と。

 

ですから、私は家人からは1円たりとももらっていません。

 

ライブに出かけたり、美容院に行ったり、洋服を買ったりするのは

すべて私が自分で稼いだお金から出してます。

ま、、、それも当たり前と言えば当たり前ですから、それに対しては何も言う気持ちはありません。

 

しかし、家人の口癖は「家族なんだから」です。

 

挙句、追加して5千円。家の修繕費やらなんやらのために積み立てをする。と言い出しました。

 

家族なんだから食費を払うのは当たり前

家族なんだから積立金出すのも当たり前

 

 

でも。

 

いざというときは、これがすべて

「俺の家」になり

「俺の金」になるのです。

 

 

だから、私たちは混乱します。

 

 

息子たちは昨年の夏から今年の夏もクーラーはつけていません。

これには息子のうちの一人が夜勤で昼間つけっぱ⇒そのまま仕事にいっちゃう

ということが原因でもあるわけですが・・・。

 

昨年は全員、扇風機で乗り切りました。

途中で家人はブレーカーを上げましたが、

 

「誰もエアコンつけていいか お願いしにこないな」

 

と言っていたので 誰も言いに来なかったのです。

 

 

当たり前だ。

 

なぜ家族なのに、遠慮しなくてはいけないのか。

 

冬は、今年はヒーターをその徴収しているお金の中から2台購入し

灯油代くらいは出してやるよ

 

そう言っていたのですが、灯油なんて3人が入れたら 1缶すぐになくなります。

 

すると 使い過ぎだ!と怒るのです。

ちなみに3人で週に1缶(18リットル)を使う感じ。

 

「自分たちで灯油も買ってこないくせに」と。

 

 

灯油代出すって言ったのアナタでしょ?と何度も思いましたが

言っても無駄なので、言いません。

 

買ってやったら感謝されたいし、ありがたがってほしいのです。きっと。

 

けど、誰もお願いしてないんですよね。

 

買ってきたら買ってきたで「ほれ感謝しろ」「ほれ大事にしろ」と言わんばかりだし

その癖、人が買ってきたものはすぐに「そんな使えないもん買って」「趣味が悪い」などと言い出す始末。

 

パンなども買っておいて、食費を出している息子たちが全部食べてしまうと

「勝手に食べるな」というし

挙句には「俺は昼ご飯は自腹なんだぞ!!」と言います。

 

 

家族に向かって自腹って???

 

 

一事が万事この調子で、そんな調子なので会話も乗ってあげないと不機嫌になるし、買ってきたものに対して私が興味を示さなければ不機嫌になる。

 

という生活に疲れました。

 

 

 

 

私の両親とは

家人の両親は強烈キャラでした。

が、二人ともなくなっているので、ここであえてそこに触れるつもりはありません。

 

 

家人の母とは、子供たちが大きくなってから同居をするようになりました。

家人が「ちょっと変だ」ということで、介護認定を受け、デイサービスに通うようになりました。

 

それらの手続きは私も同席。それ以降のことはすべて私がやっていました。

通院も、ケアマネさんとの月一面談もすべて。

 

以前、社員の人の奥さんのお母さんが病気で、入院中、何度かその社員さんもお見舞いに行ったり、奥さんは実家に帰られたりしていました。

それを「いくら病気だからって家をほっぽり出して実家にいりびたってるのはおかしいだろう」と私に言ってきたのを覚えています。

だから、そんなことを言われたくないので、私は家人の母の面倒もすすんでやっていました。

もし私の両親に何かあったら、言われる筋合いはない。と言い返せるようにするためです。まぁ、、、彼にとってはそれすら意味が分からないでしょうが。

 

 

我が家と私の実家は車で25分もあれば着くところにあります。

が、家人はこの10年以上、私の実家には足を踏み入れていません。

 

 

まだ父が運転しているころ、よく我が家に両親は顔を出してくれました。

「今日はお彼岸だから」

などと言いながら。

 

義母が入院した時も来てくれていました。

 

ある日、家人に言われました。

「なぜ、お前の両親はうちに着たら、お袋に一番に挨拶をしないのか。

この家で一番の年長者はお袋なんだから俺より先に挨拶すべきだろ」と。

 

は?

 

お正月も盆も何にもうちの実家に顔を出さないあなたがそれを言うんですか?

 

と思いましたが、一応は両親に話しました。

「あんたの顔を立てないと悪いし、確かに言われた通りかもね」

それからは先に顔を出すようにしてくれるようになりました。

 

 

その時だったかな・・、ちょっと曖昧ですが、

「なぜ私の実家に顔を出さないの?」と一応聞いてみたのですが

答えは

 

「呼ばれてないし、来てくださいって言われてないから」

 

という返事がありました。

 

 

常々「社会人として常識が云々」と口癖のように言う人が言った言葉です、これ。

 

 

そして最近では

「親父さんたち 来なくなっちゃったね」

というのです。

「車ないしね」

と言いましたが、、、、もう、、、どう考えていいのかわかりません。

 

 

この人は本気で呼ばれてないから行かなくて、義理の両親は嫁の親だから

自分から別に挨拶しなくてもいい と思っているのです。

 

 子供たちが小さいころ夏休みになると いろいろなところにうちの両親は連れていってくれました。

「ありがとう」私はそう伝えます。本当にありがたかったから。

 

けど、家人はそう思っていないのです。

 

「孫と遊びたいんだろ」

「あいつらも夏休み長いしな」

 

時には

 

「甘えさせ過ぎてるよな」

 

ということも。

 

自分の両親に感謝はあっても 私の両親には感謝はありません。

 

でも、これ、うちの親だけにじゃなくて

社員さんの奥さんの親や親せきに対しても

 

「そんなに盆暮れ正月行かなくちゃならないの?わざわざお金使って。

奥さんの親戚 頭おかしいよな」

 

というので、嫁の実家は自分とは関係ない、という考えなのでしょう。

 

松居さん見てると・・・・恐怖で心が停止する

ここ1週間話題の松居さん見ていると、私の記憶が蘇る。

 

家人は、会社を辞め、自営一本で生計を立てるために今の住居に越してきた。

それもかなり勝手にだけど、それはまた後日。

 

自営と言っても自分が営業をするわけでもなく、店にいるわけでもない。

過去を振り返った時に家人は「あのとき、俺は会社を辞めてうつみたいになってた」

とか言うけど、あんなの鬱じゃない。

 

家人が会社人だったころは、夜も毎晩0時過ぎ帰宅だし、時には帰宅しないことも多く、子供たちはほとんど私と子供という生活になれきっていた。

 

小学校低学年だったので、学校から帰宅したら手を洗っておやつを食べ、5時まで外で遊んでくる。

帰宅したら、お風呂に入って、夕飯までの間に宿題をする。

9時になったらお布団に入る。

 

そういう生活をしてきていた。

 

土曜日も日曜日も、ほかの友達の家は父親がどこかに連れて行ってくれたり、公園で遊んでくれたりだが、我が家ではほぼないに等しい程度しか、それはなかった。

 

たまに、日曜日などに夕飯にファミレスなどに行けば、メニューを子供に指定してくる。

それがイヤダと言えば、「じゃあ食べなくていい」と始まる。

 

そして、今の住居に来てからは家人はほぼ一日中家の中にいて 一日中ゲームをしていた。

子供たちが学校から帰宅すると、すぐに宿題をしろ!予習復習をしろ!と怒鳴る。

そんなことをしていたら、お友達と遊ぶ時間なくなっちゃう・・・と泣いても聞く耳を持たずだった。私がそこに入ろうものなら「お前は子供と俺のどっちの味方なんだ!」と怒鳴る。

え?じゃあどちらかをとったら、どちらかは敵なの?

そんな疑問もぶつければよかった。今なら言えるけど、恐怖でいっぱいだったのだ。

 

そして、そんなことばかりが募り、また私が離婚したいと話した。

 

その途端。

 

家人が、携帯を取り上げて、「お前が一人でそんなことを考えるわけがない!誰かにそそのかされたんだろ!お前の友達全員不幸にしてやるからな!」

としてきたのです。

そして私の実家に電話をして

おたくの娘さんが男と逃げたいって言ってますが!」

と電話したのです。

どこからそういう発想が出てくるのかわけがわかりません。

 

この時の恐怖・・・。

 

何度も言うけど、今なら「やってみれば?」ってきっと言えるけど

当時は子供たちも小さく、その怒りは私だけではなく子供たちにもいくので、私は我慢するしかなかったのです。

 

 

こうして、自分の気持ちが間違っているかのような

私が離婚したい、離れたいと思うのは間違っているんだろうか

わがままなんだろうか。

 

そんな考えにたどり着くようになりました。私が我慢すれば・・・。と。

 

家人の不倫について書いたけれど、もう別に今更このことを責め立てる気持ちもなにもない。

むしろ、復活してくれればいいのに。と思っているほどだ。

 

もう十年以上、悩んでいるけど、そしてその都度、何らかの記録をつけるべきだと思い手帳などに書いてきたけど

書くたびに自分が嫌な人間に見えてきてやめてしまうことが多かった。

 

 

今回は全くそんな気持ちもわかず、ひたすら冷静にあったこと、言われたことだけを

書いていくだけ。

 

家人は、自分が捨てられるのは我慢ならないから、攻撃して相手に謝罪をさせて

自分の思うように扱えるようにコントロールしていくのだ。

そのコントロールの仕方はきっと本人も計算しているわけではない。

 

家人は常々言っている。

 

友達は裏切るから作らない。と。

 

違う。裏切ったんじゃないよ、多分。あなたに必要以上に口で攻撃されて

心が傷ついたから 離れていっただけだよ。

 

それだけあなたの攻撃は人の心を刺してるんだ。

 

長男も三男も、今まで辞めていった人も少なくとも皆、あなたの発言で心を病んでしまったり、体調を悪くしてしまったりしている。

 

それをあなたは絶対に認めない。

 

自分の言葉で相手が傷つくのは そいつが弱いからだ。

 

私にも言ったことがあるよね。そんな人とどうやって上手に信頼関係が築けるというの?

 

 

 

一気に冷めた瞬間

私は、家人が大好きで大好きでたまらなかった。その昔。

まだ息子たちが幼稚園のころまでだけど。

 

当時、家人は友人関係から不倫関係に発展した人とラブラブだった。

私が気が付いたのは、もうそれは女の直感でしかない。

「こんなにメールばっかりくるの おかしくないか?」

「私とは一切メールのやり取りしないのに?」

から始まり、外泊が増えた。

 

当時、会社員をしながら自営でお店を出すことになり、その人が店番をすることになった。私は怪しい!と思っていたから、いい顔はしなかった。

けど、「仕事のことに口出すな!」と言われればそれまで。

 

店がオープンしてから、さらに外泊が増えた。

もう我慢できず携帯のメールをある日見たら、彼女からのメールばかりだった。

「あぁ、決定的だな」

そこから私の地獄は始まった。

だって、まだ愛情あったから。

 

私は当時、一般的にデブだったけどそれからご飯が食べられなくなり

一気に40kg前半まで落ちた。

それを家人がなんて言ったと思いますか。

「ダイエットできたのは俺のおかげだな」

と言ったのです。

これは嫌味でもなんでもなく、本気で彼はそう思っているのです。

そこがまた私には堪らなく怖いわけで。

 

それでもバカな私は、家人のそんなところも許してしまっていました。

一緒に暮らすのがしんどくて、「もうあちらの人と一定期間住んでどっちがいいか選んでくれ」

そう話したら、一緒にあの人と住むのは無理。一緒にずっといたらケンカばかりになるし。

と言われた。

では、離婚してください。とまで話たけれど、子供たちに

「ママ(身バレ防ぐために ママなんて言ってないけどここではそうします)が

パパと別れたいって言ってるからパパとさよならだよ、ごめんな」

と泣きながら話しだしたのです。

なんて身勝手!私が我慢すれば子供たちが泣かなくて済む、そういう方向に彼は持って行ったのです。

 

仕方なく、また生活を続けることにしました。

その不倫は今住んでいるところに引っ越してくるまで続きました。

なんと5年余り。最後のほうは、私は疲れ果てていました。

私が知っていることも知っていながら平気で外泊をしてくる。

相手はわざと挑発するかのように車の中にいろんなものを残す。

 

挙句、我が家に家族全員の名前を書いて年賀状を送ってきたのです。

 

さすがの私もこれにはキレました。どういうことを考えたらそういうことができるのか、と家人に問い詰めたら、

「俺の家に年賀状を送ってくるのの何が悪い。ここは俺の家だ」

 

私はそこで一気に冷めたのです。